ツールチップ tooltipの使い方 | BootStrap 3.3.7 のJavascript

Bootstrapでは、12種類以上のカスタムjQueryプラグインが搭載されており、一から自分でjavascriptを記述しなくても、簡単にjavascriptの機能を実装できます。
 

ここでは、Bootstrap3.3.7に搭載されている「ツールチップ」の使い方をご紹介します。
 

 

簡単なヘルプ・ヒントを表示するときに使えそうですね。

 

関連 Bootstrap4版でのTooltipの使い方について

Bootstrap4版でのTooltipの使い方は「Bootstrap4 tooltip(ツールチップ)の使い方を徹底解説」をご覧ください。

Bootstrap4 tooltip(ツールチップ)の使い方を徹底解説

 


 

合わせて読みたい記事

BootStrapの基本・環境設定から実施したい方はこちらの記事をご覧ください。

Bootstrapの使い方 導入方法と基本・レスポンシブデザインを徹底解説

 

ツールチップTooltipとは

ツールチップとは、対象の要素にカーソルを合わせたときに小さな領域を表示するJavascriptです。カーソルを対象の要素から外すと表示が消えます。

■表示例

 

Bootstrapでは、任意の要素にカーソルを合わせたときに上・下・左・右など好きな位置にツールチップを表示することができます。
 

ツールチップの作り方

表示例のソースコードは下記の通りです。
 

<p>
  <a href="#" data-toggle="tooltip" title="ツールチップ(デフォルト)">WEBST8デモ1</a>
</p>
<hr>
<p>
  <span data-toggle="tooltip" data-placement="bottom" title="ツールチップ(下)">WEBST8デモ2</span>
</p>
<hr>
<p>
  <button type="button" class="btn btn-default" data-toggle="tooltip" data-placement="left" title="ツールチップ(左)">WEBST8デモ3</button>
</p>
<hr>
<p>
  <button type="button" class="btn btn-default" data-toggle="tooltip" data-placement="right" title="ツールチップ(右)">WEBST8デモ4</button>
</p>
<script type="text/javascript">
  $(function () {
    $('[data-toggle="tooltip"]').tooltip();
  });
</script>

 

ツールチップのソースコード解説

ここでは、ソースコードの簡単な解説を行います。
 

BootStrap ToolTipの解説

  1. ツールチップを表示させたい要素にdata-toggle=”tooltip”を指定、title属性にツールチップの表示内容を指定する。
  2. ツールチップを表示する位置(上下左右)は、data-placement属性で指定する。
  3. tooltipを起動するjQueryを記述する

 

■使い方の詳細は下記の公式ドキュメントをご参照ください。
tooltips | Javascript – Bootstrap 3.3
 

動作の原理を理解しようとすると少し難しくなるので、まずはサンプルのコードをコピー&ペーストして、文言を変えたり微調整しながら覚えていきましょう。

 

まとめ ヒント表示が必要な歳にツールチップを検討しよう

今回は、Bootstrap3.3.7のjavascriptプラグイン「ツールチップ」についてご紹介しました。
 

 

ツールチップとは、対象の要素にカーソルを合わせたときに小さな領域を表示するJavascriptです。カーソルを対象の要素から外すと表示が消えます。ヒントやヘルプ表示が必要なWebページに利用できますので覚えておきましょう。
 
 

まずはサンプルのコードをコピー&ペーストして、文言を変えたり微調整しながら覚えていってみてください。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。