Bootstrap4 Text ユーティリティの使い方を徹底解説

Bootstrap4で用意されているTextユーティリティを利用すれば、文字の整列、折り返し、太さなどを設定できます。ここでは、利用できるTextユーティリティの使い方を説明していきます。

Textユーティリティの基本

左寄せ・右寄せ・中央揃えを設定 text-{位置}

左寄せ・右寄せ・中央揃えを設定するためには、text-{位置}を利用します。左寄せはtext-left、右寄せはtext-right、中央寄せはtext-centerを使用します。
■表示例
text-left、text-center、text-rightの設定
■上記のソースコード

<div class="container">
  <p class="text-left">大阪のWebスクールWEBST8</p>
  <p class="text-center">大阪のWebスクールWEBST8</p>
  <p class="text-right">大阪のWebスクールWEBST8</p>
</div>

また、ブレイクポイントを設けてテキスト揃えをしたい場合はsm(544px以上)、md(768px以上)、lg(992px以上)、xl(1200px以上)を組み合わせて利用します。

クラス 説明
text-{sm|lg|xl}-left {sm|lg|xl}以上で左寄せ
text-{sm|lg|xl}-center {sm|lg|xl}以上で中央揃え
text-{sm|lg|xl}-right {sm|lg|xl}以上で右寄せ

■表示例

■上記のソースコード

<div class="container">
    <p class="text-sm-center">(text-sm-center)</p>
    <p class="text-md-center">(text-md-center)</p>
    <p class="text-lg-center">(text-lg-center)</p>
    <p class="text-xl-center">(text-xl-center)</p>
  </div>

文字の太さとイタリック体を設定するクラス

文字の太さを指定するには、font-weight-{文字の太さ}クラスを指定します。太さは、bold(太字)、normal(通常)、light(細字)から選択します。また、斜体を使用するには、font-italicクラスを指定します。

クラス 説明
font-weight-bold 文字を太字にする
font-weight-normal 文字を通常にする
font-weight-light 文字を細字にする
font-italic 文字をイタリックにする

Bootstrap4 フォントの太さ
■上記のソースコード

<div class="container">
  <p class="font-weight-bold">太字(font-italic)</p>
  <p class="font-weight-normal">通常(font-weight-normal)</p>
  <p class="font-weight-light">細字(font-weight-light)</p>
  <p class="font-italic">イタリック体(font-italic)</p>
</div>

Text | Bootstrap4

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、グリッドシステム・レスポンシブデザインで有名なCSSフレームワークBootstrap(ブートストラップ)4のTextユーティリティの使い方の基本をご紹介しました。
使用頻度の低いため、ここでは割愛しましたが、ほかにも色々なクラスが用意されています。公式サイトにも使い方の詳細が掲載されていますので、参考にしながら活用してみてください。
Text | Bootstrap4

今回は、以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。